淡水研BBS検索
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 始めまして。  鈴木博之  2019年2月16日(土) 22:32
修正
神奈川県相模原市下九沢在住の鈴木と申します。
確か小学生時に入会し、当時は小西会長や黒川さん(現顧問の様ですね)には随分お世話になりました。
現居には4年前に越して参りまして、施術院と学研教室をやっております。

練馬の実家を引き上げてきた時の荷物から懐かしい当時の魚拓が出てきまして、検索しましたら未だ継続されている事に感動を覚えます。
現在28歳の長男が1歳くらいの頃、浦和の御宅にご挨拶に伺ったのが懐かしく思い出されます。

昨今は海釣りがメインですが、機会がありましたら皆さんにお会い出来ればと思います。
貴会の益々のご活躍、ご発展を祈念します。

 お便り、ありがとうございます  遠藤和彦  2019年2月17日(日) 21:59 修正
鈴木さん、当会へのお便りありがとうございます。

私は4代目会長を拝命しております遠藤と申します。かつて故小西先生から「熱心な小学生から入会の希望があったのだけれど中学生になるまで待ってもらい入会された」会員がいらしたことを聞いたことがあります。多分鈴木さんのことだったのかもしれません。調べてみましたところ、昭和51年2月の会報第59号に鈴木さん(当時早宮在住)のご入会が掲載されていました。鈴木さんより古い現存会員は黒川さんと小西先生のご長男様のお二人だけになってしまいました。それにしても昭和54年当時のレンギョの魚拓をよく今まで保管されていらしたと感心いたしました。相当の思い出がおありだったのかと推測いたします。
おかげさまで当会は1965年の創立以来54年目になります。会員数は40数名とだいぶ少なくなっていますが淡水大魚研究会の名に恥じないよう日々釣技の研鑽に努めております。今年は春季大会を4月19〜21日の期間で水戸の那珂川で開催いたします。21日は11:30から検量・表彰式ですのでもしご都合がつきますならおいでいただき当時の思い出などをお聞かせいただければ幸いに存じます。
今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

 御礼  鈴木博之  2019年3月28日(木) 10:36 修正
遠藤様
ご丁寧にありがとうございました。
資料も良くお持ちですね。早宮の実家も今は弟に継いで貰ってます。
小西先生が亡くなった時に黒川さんからはご連絡頂いたのですが所要で行けず、後日女房と伺った時に光紀さん(でしたよね?字が違うかも?)にはご挨拶させていただいた記憶があります。
黒川さんに頂いた磯竿改の鯉竿、今でも持ってますよ。子どもの小遣いでやっていた当時は多くの方に自作竿頂きまして未だ捨てられずに持っています。
4月21日は地元でイベント出席予定なので残念ですが、またの機会に皆様にお会い出来ましたら幸いです。
http://www.sa-ga.com/

 リメール、ありがとうございます。  遠藤和彦  2019年3月31日(日) 8:32 修正
鈴木様
お忙しい中、リメールをありがとうございます。
やはり小西先生から伺っていたお話の方は鈴木さんだったのですね。少しほっといたしました。多分鈴木さんもそうだったかと思うのですが、私も入会して1〜2年の頃に初めて釣り上げたソウギョやレンギョの強烈な引き味に「こんな魚が日本の川にホントに居るのか」と衝撃的な感動を受けたことをつい先日のように覚えております。それ以来30年以上もその魅力に憑りつかれ今日に至っていますが、いまさらながらいい趣味に出会ったことに感謝しています。

明るく誠実な印象の施術院のHPを拝見させていただきました。貴院の益々のご発展をお祈り申し上げますと共に今後とも淡水大魚研究会へのご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

 会報337号発送  広報担当 ヒロ  2018年12月31日(月) 5:24
修正
会員のみなさま、今年も色々とお世話になりました。
会報337号を発送致しました。
年末年始のため、運送会社の多忙による遅延が発生しております。
みなさまのお手元まで届くには少々お時間がかかると思います。
よろしくお願い致します。

それではみなさま、良いお年をお迎えください。

 会報336号  広報担当:ヒロ  2018年10月11日(木) 16:34
修正
大変お待たせ致しました。
会報336号を本日発送しました。
送れてしまい申し訳ありません。
今回から始まった「マイ・セカンドライフ」コーナー!
どうぞお楽しみに♪

1 2  過去ログ全 11件 [管理]
CGI-design